124年ぶりの立春



二十四節気を使っていたころは、春の始まりである立春が1年の始まりでした。

立春の日が決まるのは、天文学(地球と太陽の位置)に基づいているのですが、 春分と秋分がそれぞれ 0度と180度の位置関係にあるのに対して、 立春は315度と決められているそうです。

315度になった瞬間の日付によって変化するとのこと。


今年は2月3日が立春となり、 

節分が2月2日になります。


26年間2月4日が立春、27年前1984年は2月5日が立春だったそうですが、

2月3日が立春となるのは、なんと124年ぶりだそうです。


季節の変わり目の邪気を追い払う為に、豆まきをし、鬼を追い払いました。


今年は、早く、邪気が逃げるよう、 皆で盛大に豆まきをし、無病息災を祈願したいですね。


写真は ビギナーコースのキャンドルアレンジメントです。

全く初めての方でも作りやすい貼ることを中心とした作品です。

通信講座でお作り頂けますので、


お家で過ごす時間に楽しく学ぶことが出来ます。

ご一緒にどうぞ。


#NPAe

#日本プリザーブドフラワー認定協会e

#ビギナーコース

#キャンドルアレンジメント

#立春

#節分

#二十四節気

#プリザーブドフラワー

#インテリアフラワー

#お稽古

#フラワーレッスン

#フラワースクール

#全国でレッスン開講中

#写真は受講生作品 #かわいいですね

日本プリザーブドフラワー認定協会.e

フリーダイヤル 0120-611-377

TEL 043-221-2560 https://www.npa-a.jp


​新着記事